本文へ

ITホームティーチャー

事業の内容
インターネット等IT化の時代を迎え、身体障がい者が自立や社会参加に情報技術を活用できるよう、外出が難しい方を対象に、自宅へ講師を派遣しIT講習を実施します。 

対象となる人
飛騨地域在住の身体障害者手帳1級または2級所持者で、外出困難な方

募集人員
5名程度

申し込み手続き
申込書(Microsoft Word 文書PDF ファイルのいずれか)に必要事項を記入し、郵送またはFAXで申し込んでください。

〒506-0011
岐阜県高山市本町3-28
福祉メディアステーション飛騨ブランチ
電話・ファクス 0577-34-1316

受講決定までの流れ
事前調査
受講申込者宅に、調査員が出向き、障害の状況やパソコン・インターネット接続環境等の調査を行います。(訪問日は事前に電話等で調整します)

受講決定
全受講希望者の中から、調査状況、講習の必要性等を勘案しながら受講者を決定し、通知します。

講習の実施
事前調査の状況を考慮して講師を決定し、第1回目の講習日時は、福祉メディアステーションと受講者との間で日程を調整します。
2回目以降は、講師と受講者間でその都度相談してください。

※講習の概要
内容 パソコンの基本操作、文書の作成、インターネットの利用、電子メールの送受信
時間 1人当たり15時間を目安とし、受講者の障害の状況等を勘案して個別に設定します。 1回の講習時間は2~3時間を目安とします。
期間 概ね1ヶ月程度で全講習を終了する予定です。

その他
教材は、福祉メディアステーションが用意する教材を使用します。
受講料は無料ですが、インターネット及び電子メールを利用する際の通信料については受講者の負担となります。
講師は、障がい者の特性や、IT機器及びアクセシビリテイ機器等の活用に関する研修を終了したボランティアが担当します。

© 一般財団法人岐阜県身体障害者福祉協会 福祉メディアステーション飛騨ブランチ