本文へ

iPad

福祉メディアステーション飛騨ブランチのiPadにインストールしてある障害のある人向け、またはサポートに便利なアプリケーションを紹介します。
iPadのアクセシビリティについてはアップルのページをご覧ください。


Adobe Ideas
Adobe Ideas
Adobe
ジャンル: エンターテインメント - 仕事効率化
リリース日: 2010-08-05
価格: 0円
iTunesで見る
posted with sticky on 2013.6.28

ベクタ形式のイラストアプリケーションです。障がい者向けのアプリケーションではありませんが、聴覚障害の方のサポート(筆談)に使っています。キャンバスが広大なのでページ替えや消去の手間が省けます。ペンの追従がよくきれいな線が描けます。


手書きメモアプリケーション。聴覚障害の方のサポートに。
App 内課金で音声をテキスト変換できるようになります。ペン1種、色3色と非常にシンプル。


会話が困難な方のコミュニケーションツール。バンダイナムコゲームスから販売されていたトーキングエイドが販売終了のためこちらとiPadの組み合わせが後継となります。10回まで試用できますが、その後は¥8,400のアドオン購入が必要です。
手の痙攣等で正確なタッチができない方向けにプロテクトケースといっしょに使うキーガードが販売されています。


Droplet Project が開発したシンボル集 Drops(The Dynamic and Resizable Open Picture Symbols)を使った VOCA(Voice Output Communication Aid)アプリケーション。画面に表示されるボタン(1〜20個)をタップすると登録された音声が再生されます。またシンボルを5個まで繋いで文章のように音声を再生させることができます。
無料版は一部の機能が使える体験版で実用には耐えません。アドオン(¥3,000)または正規版購入ですべての機能が使えるようになります。Droplet Projectのサイトで追加のシンボルがダウンロードできます。


© 一般財団法人岐阜県身体障害者福祉協会 福祉メディアステーション飛騨ブランチ