本文へ

ナビゲーションキー

1つのキーを押すだけで特定の場所へジャンプするコマンドです。カーソルキーやタブキーを何度も押すことなく目的の場所に移動することができます。
初めて見るページでは利用できませんが、よく利用するページなど目的の部分がある程度わかる場合は効率よく移動することができるようになります。但しページの作成方法によりうまく機能しない場合があります。

ナビゲーションキーのオンオフ

※NetReader以外
Gmail や Google カレンダーなどそのページ独自のキーボードショートカットが設定してある場合、ナビゲーションキーと重複することがあります。ナビゲーションキーのオンオフを切り替えながら使うとより便利に利用できます。
Ctrl+Space 押す毎にオンオフを切り替え

ナビゲーションキー

シフトキーを押しながら各キーを押すと逆方向に移動します。
U 未読リンクへ移動
V 既読リンクへ移動
F フォームへ移動
E エディットボックスへ移動
P プッシュボタンへ移動
R ラジオボタンへ移動
X チェックボックスへ移動
C コンボボックスへ移動
H 見出しへ移動
見出しには 1 から 6 のレベルがあり 1 が上位(画面上では大きな文字で表示)になります。すべてのレベルの見出しを順番に移動します。
1から6 見出し1 から 見出し6へ移動
1 を押すと見出し1 へ、2 を押すと見出し2 へジャンプします。

このページにもいくつか見出しが設定してあります。本文の先頭行を見出し2にしてありますのでリロード、またはページの先頭へ戻ってから、2を押してみてください。本文の見出し部分へジャンプし「ナビゲーションキー」と読み上げます。
2を押した時、ビープ音が鳴る場合は Ctrlを押しながらを押して読み上げ行を移動してから行ってください。2 と読み上げる場合はナビゲーションキーがオフになっています。


© 一般財団法人岐阜県身体障害者福祉協会 福祉メディアステーション飛騨ブランチ