本文へ

VoiceOver

画面が見えなくてもiPhoneやiPadを操作することができます。指でなぞったり、タップしたところを音声で案内します。
VoiceOverを有効にするまでは音声案内がありませんので、晴眼の方に操作してもらってください。
iPadのアクセシビリティについて詳しくは Apple iPad ユーザガイドをご覧ください。

ショートカットに登録する

iPhoneやiPadを共用している場合はショートカットに登録しておくとVoiceOverの切り替えが簡単におこなえます。
  1. ホームにある設定をタップする
  2. 一般をタップする
  3. アクセシビリティをタップする
  4. ショートカット(画面1番下)をタップする
  5. VoiceOverをタップし、チェックマークを付ける

ホームボタンを3回押すとショートカットのメニューが表示されるので、VoiceOverをタップしてオンオフの切り替えができます。

有効にする

  1. ホームにある設定をタップする
  2. 一般をタップする
  3. アクセシビリティをタップする
  4. VoiceOverをタップする
  5. VoiceOverスイッチをオンにする


基本的なジェスチャ

VoiceOverヘルプで読み上げたものをテキストにしました。
カッコ内はいずれかの方向、または位置を表しています。
  • タッチ 指の下にある項目を選択します
  • ダブルタップ 選択項目をアクティブにします
  • {左 右}にフリック {前 次}の項目に移動します
  • 2本指でシングルタップ 読み上げを一時停止または再開します
  • 2本指で上にフリック 上からページを読み上げます
  • 2本指で下にフリック 選択した項目からページを読み上げます
  • 3本指で{上 下 左 右}にフリック {下 上 右 左}に1ページスクロールします
  • 3本指でシングルタップ 項目の概要を読み上げます
  • 3本指でダブルタップ 読み上げのオンとオフを切り替えます
  • 3本指でトリプルタップ スクリーンカーテンのオンとオフを切り替えます
  • 4本指で画面{上部 下部}をシングルタップ {最初 最後}の項目に移動します
  • 4本指でダブルタップ VoiceOverヘルプを切り替えます


© 一般財団法人岐阜県身体障害者福祉協会 福祉メディアステーション飛騨ブランチ