本文へ

使い方

設定で「タスクバーに固定キー機能のアイコンを表示する」を有効にしたとき、タスクバーの通知領域にアイコンが表示されます。固定キーの状態によって以下のように変わります。

固定キー機能が有効になっています
Shiftキーが押されています
Ctrlキーが押されています
Windowsキーが押されています
Altキーが押されています


次のキーが押されるまでロックする

修飾キーを1度押すと、修飾キー以外のキー(文字キー、Enterキーなど)が押されるまで、押したままの状態になります。

  • !を入力する Shiftを押した後、1を押す

  • ウインドウを閉じる(Alt+F4) Altを押した後、F4を押す

  • 「エクスプローラー」で新しいフォルダーを作る(Ctrl+Shift+N) CtrlShiftNを順に押す

  • スタートメニューを開く

    Windowsを2回押す ※設定で「修飾キーを2回続けて押したときはロックする」を有効にしている時は3回押す


解除するまで修飾キーをロックする

設定で「修飾キーを2回続けて押したときはロックする」を有効にしたとき、2回続けて修飾キーを押すと押したまま状態になります。ロックしたキーをもう1度押すと解除されます。

  • FUKUSHIと入力する Shiftを2回押して Shiftキーをロックする fukushiと入力する Shiftを押してロックを解除する

  • ウインドウ切り替え(Alt+Tab) Altを2回押して Altキーをロックする Tabを押す Tabで切り替えたいウインドウを選択しAltを押す

  • 文字列を選択する Shiftを2回押して Shiftキーをロックする で範囲指定する Shiftを押してロックを解除する


© 一般財団法人岐阜県身体障害者福祉協会 福祉メディアステーション飛騨ブランチ